このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ジャンプワイヤー

  • ブレッドボードでの部品間接続のために、ジャンプワイヤーと呼ばれる線が市販されている。

ジャンプワイヤーの種類

 ジャンプワイヤーには単線タイプとより線タイプの2種類がある。

単線タイプ

  • ブレッドボードに密着して配線できるような形をしているので仕上がりがきれいになる。
  • 一度配線してしまうと密着してるため外しにくく、回路の変更が少し手間取る。
  • ICを使用する場合、隣り合うピンを接続することがある。このときは単線タイプの被膜のないジャンプワイヤーを用いるとよい。

より線タイプ

  • 配線数が多くなってしまうと、ジャンプワイヤーがブレッドボードを覆い尽くすようになってしまうために、仕上がりがあまりきれいにならない。
  • 差し替えが容易であるため、回路の変更が簡単に行える。

参考文献

  • 『たのしくできるブレッドボード電子工作』