レグレッションテスト(退行テスト、回帰テスト)

 保守段階で行われるテスト。システム開発時や完成後にプログラムの一部を修正した際、他の部分に影響が及んでいないか確認する。大規模なプログラムは複雑に他のプログラムと関連しているため、部分修正であっても確認が必要。