• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#z46e663f]
現在コンテンツの一時公開停止中です。

#contents
//*目次 [#z46e663f]
//
//#contents
//
//
//*特徴 [#vd45f9dc]
//
//・''マルチプルロウピンタンブラー錠(multiple row pin tumbler locks)''とは、ピンタンブラー用のピン列が複数個ある錠である。普通のピンタンブラー錠は1列しかないので、それの応用版といえる。 
//
//・開錠の基本の原理は同じだが、鍵穴の大きさ、ピンの数、ピン列の数といったものは、普通のピンタンブラー錠より多いので、一般的にピッキングには強い。 
//
//・マルチプルロウピンタンブラー錠を開けるには、ディンプルキー(dimple key)、クロスキーなどを使う。
//
//
//*ピッキングツール利用によるKABA製のミクロスイッチ錠の解錠 [#ufd75d34]
//
//・KABA製のミクロスイッチ錠は、マルチプルロウピンタンブラー錠(複合的な列を持つピンタンブラー錠)の一種である。 
//
//・この鍵はハイセキュリティの錠とはいえないが、そこそこのセキュリティを持っている。 
//
//・シアラインを揃えてシリンダーを回すと、通電したりする。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kaba1.jpg);
//#img(,clear)
//
// 画像の錠の裏(ドアの内部にある側)に、スイッチの裏側のように銅線をはんだ付けする部分があることがわかるだろう。 
//
//・鍵穴は小さいので、通常のピッキングツールでの開錠は困難。 
//
// タイガーデュアルテンションレンチ(C)とリムシリンダーピック(E)を用いて、ピッキングすることができる。このとき使うリムシリンダーピックの厚さは0.018〜0.022インチ。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kaba2.jpg);
//#img(,clear)
//
// キーウェイの上から90度反時計回りいったところに、ピンがある。だから、リムシリンダーピックの先端を左右に振って、ピンを押す。 
//
// 
//*ピッキングツール利用によるAlphaスロット錠の解錠 [#x402cb8c]
//
//・Alphaスロット錠は、マルチプルロウピンタンブラー錠(複合的な列を持つピンタンブラー錠)の一種である。 
//
//・17つというたくさんのピン持つのが最大の特徴だ。 
//
//・構造は次のようになっている。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin2.jpg);
//#img(,clear)
//
//・カタナストレートピック(H)とタイガーデュアルテンションレンチ(C)を用いて、ピッキングができる。しかし、3つの列を持つ(キーウェイを覗き込むと3つのピン列が見えるだろう)ので、これをピッキングであけるには相当の熟練度が必要である。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin3.jpg);
//#img(,clear)
//
//
//*ピッキングツール利用によるKABA製のCAMロックの解錠 [#m423b385]
//
//・スイスのKABA製の「Gemini T(restricted keyway)」には、ディンプルキーが使われている。
//
//・構造は次のようになっている。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin4.JPG);
//#img(,clear)
//
//・これに使われているピン機構はスタッドピン(stud pin)といい、スイスのArno Kleinhaenyによって1995年に発明された。US特許ナンバーは5,438,857である。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin5.jpg);
//#img(,clear)
//
//・Gemini Tは、Alphaスロットのメカニカル錠の上位バージョンといえる。 
//
//・ニードルピックを利用して、3つのピン列をレーキングすることで解錠することができる。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin6.jpg);
//#img(,clear)
//
// しかしながら、これを実際にピッキングするには相当の練習が必要であろう。 
//
// 
//*ピッキングツール利用によるFUKI製クロスキーの解錠 [#cc20cc72]
//
//・FUKI製のクロスキーは3方向に段差がある。 
//
//・内筒には、ピンタンブラーが落ちる穴が3方向それぞれに6個ずつある。 
//
//・構造を知った人でもピッキングするのに数十分はかかるため、防犯能力は十分だと思われる。 
//
//・ピッキングの方法としては、ピンタンブラーの入っていない下方向にテンションをかけて、ピックを使ってソフトにレーキングする。ただし、3方向にピンタンブラーが入っているので、困難。
//
//
//*GOAL製V18 [#b1596a41]
//
//・3方向からピンタンブラーが出ていて、クロスキーとよく似ている。 
//
//・しかし、V18のピッキングは不可能といわれている。 
//
//・まず、鍵穴の中は3方向から飛び出したピンタンブラーが邪魔するので、ピックを鍵穴の奥へ挿入すること自体が難しくなる。おそらくがんばってもレーキングはできない。 
//
// さらに、マッシュルームピンが採用されている。
//
//・破錠対策のひとつとして、ドリリング防止板が採用されている。これはドリルによる破錠に強い素材。


*特徴 [#vd45f9dc]

・''マルチプルロウピンタンブラー錠(multiple row pin tumbler locks)''とは、ピンタンブラー用のピン列が複数個ある錠である。普通のピンタンブラー錠は1列しかないので、それの応用版といえる。 

・開錠の基本の原理は同じだが、鍵穴の大きさ、ピンの数、ピン列の数といったものは、普通のピンタンブラー錠より多いので、一般的にピッキングには強い。 

・マルチプルロウピンタンブラー錠を開けるには、ディンプルキー(dimple key)、クロスキーなどを使う。


*ピッキングツール利用によるKABA製のミクロスイッチ錠の解錠 [#ufd75d34]

・KABA製のミクロスイッチ錠は、マルチプルロウピンタンブラー錠(複合的な列を持つピンタンブラー錠)の一種である。 

・この鍵はハイセキュリティの錠とはいえないが、そこそこのセキュリティを持っている。 

・シアラインを揃えてシリンダーを回すと、通電したりする。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kaba1.jpg);
#img(,clear)

 画像の錠の裏(ドアの内部にある側)に、スイッチの裏側のように銅線をはんだ付けする部分があることがわかるだろう。 

・鍵穴は小さいので、通常のピッキングツールでの開錠は困難。 

 タイガーデュアルテンションレンチ(C)とリムシリンダーピック(E)を用いて、ピッキングすることができる。このとき使うリムシリンダーピックの厚さは0.018〜0.022インチ。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kaba2.jpg);
#img(,clear)

 キーウェイの上から90度反時計回りいったところに、ピンがある。だから、リムシリンダーピックの先端を左右に振って、ピンを押す。 

 
*ピッキングツール利用によるAlphaスロット錠の解錠 [#x402cb8c]

・Alphaスロット錠は、マルチプルロウピンタンブラー錠(複合的な列を持つピンタンブラー錠)の一種である。 

・17つというたくさんのピン持つのが最大の特徴だ。 

・構造は次のようになっている。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin2.jpg);
#img(,clear)

・カタナストレートピック(H)とタイガーデュアルテンションレンチ(C)を用いて、ピッキングができる。しかし、3つの列を持つ(キーウェイを覗き込むと3つのピン列が見えるだろう)ので、これをピッキングであけるには相当の熟練度が必要である。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin3.jpg);
#img(,clear)


*ピッキングツール利用によるKABA製のCAMロックの解錠 [#m423b385]

・スイスのKABA製の「Gemini T(restricted keyway)」には、ディンプルキーが使われている。

・構造は次のようになっている。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin4.JPG);
#img(,clear)

・これに使われているピン機構はスタッドピン(stud pin)といい、スイスのArno Kleinhaenyによって1995年に発明された。US特許ナンバーは5,438,857である。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin5.jpg);
#img(,clear)

・Gemini Tは、Alphaスロットのメカニカル錠の上位バージョンといえる。 

・ニードルピックを利用して、3つのピン列をレーキングすることで解錠することができる。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/pin6.jpg);
#img(,clear)

 しかしながら、これを実際にピッキングするには相当の練習が必要であろう。 

 
*ピッキングツール利用によるFUKI製クロスキーの解錠 [#cc20cc72]

・FUKI製のクロスキーは3方向に段差がある。 

・内筒には、ピンタンブラーが落ちる穴が3方向それぞれに6個ずつある。 

・構造を知った人でもピッキングするのに数十分はかかるため、防犯能力は十分だと思われる。 

・ピッキングの方法としては、ピンタンブラーの入っていない下方向にテンションをかけて、ピックを使ってソフトにレーキングする。ただし、3方向にピンタンブラーが入っているので、困難。


*GOAL製V18 [#b1596a41]

・3方向からピンタンブラーが出ていて、クロスキーとよく似ている。 

・しかし、V18のピッキングは不可能といわれている。 

・まず、鍵穴の中は3方向から飛び出したピンタンブラーが邪魔するので、ピックを鍵穴の奥へ挿入すること自体が難しくなる。おそらくがんばってもレーキングはできない。 

 さらに、マッシュルームピンが採用されている。

・破錠対策のひとつとして、ドリリング防止板が採用されている。これはドリルによる破錠に強い素材。