このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • サンダー へ行く。

*目次 [#ibc9deac]

#contents


*サンダー [#v54bcc5b]

・自動サンドペーパー機である。

・木工作品では塗装前の仕上げなど、表面を滑らかにするときに使う。 

・また、面取り(材の角を削ること)や曲面を研磨するときも便利。 

・効果が穏やかなので、それほど失敗を恐れることもなく、自由にとりまわして立体の各面に使える。 

・金属では、バリ取りや傷の砥ぎ落とし、凹凸やザラザラな粗面を滑らかにしたりできる。 

・錆落とし、古い塗膜はがしにも便利。

・パッドに付いているペーパーを、バフやスポンジに付け替えれば、ワックスがけやツヤ出しも可能。

・サンディング作業のホコリ対策もすること。 

 風邪用の衛生マスクではなく、簡易粉塵マスクを使うこと。さらに粉塵メガネもあれば完璧である。


*サンダーの種類 [#te954d3f]

 ペーパーを動かす機構によって、種類が分かれる。 

**オービルサンダー [#lde96c0b]

-四角いパッドが振動にも似た細かい円運動をする。
-仕上げ用に使う。
-四角い形なので、隅までペーパーを持っていける。
-オービタルサンダーの裏側はわずかに弾力があるので、コードを巻いたりすると跡が付いてしまうので注意。

**ランダムサンダー(ダブルアクションサンダー) [#w88b9ec6]

-円運動と同時に丸いパッド全体を回転させるタイプ。
-効率がよい。
-裏に空いてある吸塵のための穴に合わせて押し付けるだけのマジック式が多い。
-ランダムサンダーは思った以上に暴れるので、しっかり保持すること。


**ディスクサンダー [#t9fd77bb]

-回転だけのタイプ。 

**ベルトサンダー [#tf431960]

-ベルトを循環させるタイプ。

**コーナーサンダー [#a35bf7f9]

-先端の細い部分を持っているので、それを使い狭い部分を研磨できる。